2016年の感じ

屁のような一年でした。

オナラのような一年でした。

それも大きいオナラじゃなくて、小さい誰にも気づかれなくて、それでいてそんなに臭くないオナラです。

 

今年 僕は何もしていません。

本当に何もしていないのです。

心に「充実」の二文字がありません。

 

実際はどうだったのか、楽しかったのか、なんなのか。一生に一度しかない2016年をざっくり振り返ってみましょう。

 

年明けからたくさん雅屋の活動に混ざって勉強させてもらえた。劇団態変という障害者による演劇集団に関わらせてもらった。佐賀のお坊さんの家に泊まった。台湾に行った。そこからなんとなく三カ国喋れるようになりたいって思って中国語勉強しはじめた。

大学二年生になった。勉強は全然してこなかった。浅草公会堂で「北州」というものすごい踊りを躍らさせてもらった。ライブ企画してバンドやった。写真っていう世界もちょっと面白いなって思いはじめた。夏になり、毎年恒例の大島に遊びに行った。大阪に行った。中国(上海、北京、武漢、広州、張家界、香港、マカオ)に行った。ゲストハウス作りたいなって思った。そして東京のゲストハウスで働きはじめた。ブログはじめた。かっこいい人を紹介するブログ。最近紹介してない。

 

あれれ。

文章で書くと かなり充実してたような気がしてきた。あれれれ。

 

だとしたら、この年の瀬に「今年は自分にとって特になんにもなかったなー」と感じてしまうのはナゼだ。実はいろいろあったのに。あったはずなのに。

ナゼだ。

 

 

口先だけで行動して、実は中身が何もないから??

行動するだけしてそれで満足して、その本質を何も分かっていない、分かろうとしないからか?

でもそんなことはないんだよなー。そんなことあることも ごくたまーにあるけど、基本的に自分はそんなことはない。絶対に。多分。

 

 

色々やってきたことに、なんの将来性もないから?

周りがみんな将来のことなんとなくでも決まってるのに、僕は本当に何がしたいかわかんない。去年も言ってた。一昨年も。多分その前も。そもそもこの年齢になったら自ずと道を決めなきゃいけないのは、日本に住んでてそれが当たり前になってるからで、別に何も決まんないものを無理に今決めなくたっていいんじゃないか、なんて最近思ってる。完全な言い訳だわなこれ。そして不利な生き方だなあ。お金的にもね。

 

そういえば将来なにがしたいか分かんないっていうと「ダメだなあ」って言われることが増えた。友人や家族、親しければ親しいほど、「早く決めなよ」と。そこまでお節介やくくせに、最後には必ずこう言う。「まあお前の人生だから好きに生きたいように生きればいいと思うけど」

 

ウウウウウウザい。

その結論になるなら何も言うなよ、、、。

好きに生きるのって難しいんだぞ。だって僕は何がしたいか分からないのだから。

ただ少なくとも「好きに適当に生きる」という選択肢が生まれる僕の生活は限りなく恵まれている。

 

 

「僕は将来これがしたいから、今のうちにこれとこれをやっておこう!」じゃなくて、

「なんかとりあえず今できることでやりたいことをやっておこう、そうすれば未来でしたいこと分かるかも」と思って、最近は生きてきた。

しかし相変わらず分からない。

困った。

 

 

大学卒業したらどうしようかな。

 

なんだろう。

なんなんだろう。

このモヤモヤは。

 

 

てか最近思うのは自分はこんなに勉強してないのに、三年生になれるんだよね多分。

 

なんにもしてないのにどんどんどんどん大人になってっちゃう。

怖すぎる。いつの間にか「はい就活ーー!進路決めて進路!」みたいになるのかね。もうなってるのか。社会の歯車養成学校ですかここは。

僕なんかこんなに勉強してないんだから いっそ「君は小学校からやり直し!!」とかにしてほしい。これは甘えか?こんなこと言うと叩かれんだろうな。

 

 

みんなは何考えてるのかな。どう考えてるのかな。どうやって生きてくのかな。どうやって生きたいのかな。

 

 

はあ。

あてはめる漢字はありませんが、2016年の感じはこんなものです。オナラはいささか言い過ぎな気がするので、前言撤回します。まあまあ素晴らしい年でした。

 

 

2017年はどんな年にしたいか!!!

 

何かに無我夢中になって我を忘れたい!

ただ一つのことに、我を忘れるほどにのめり込みたい。

 

それだけです。

 

あと家族が全員健康でいますように。

 

 

あと1日あるけど

なんだかんだ色々あった2016ありがとう!!

そして皆様、本当にお世話になりました。

 

最近は朝起きたら喉が100パーセント痛んでる、2016年12月30日。