私の周りの面白くてかっこいいひと No.001 Taiga

 

 

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
とある企画がやりたくなって、ブログをはじめました。

 

そのとある企画というのが、実は高2くらい(だからもう3〜4年前)からずっと考えてた企画で。なんとなく いつかはじめるタイミングをうかがっていたんですが、なかなか一歩が踏み出せず、、、。

そもそもこの企画自体、面白いのかつまんないのかよく分かんなくなっちゃって、脳の中で出したり閉まったりを繰り返しているうちにあっという間に大学二年生になってしまいました。


そしてそれを解禁するときがきたのです。自分の中では「...三、四年越しについに!!」という感じなのだす。

 


その企画とは とっても単純です。

僕の周りの、
この人、なんとなく他の人とは違くてめっちゃ面白い!!」っていう人を自分勝手に特集して自分勝手に紹介するというものです。

 

 

やりたいと思っている理由はひとつ! 

 

幸せなことに、僕の周りってなんかかっちょいい奴らが多いのです。
フロリダのディズニーでよさこい踊っちゃうアラビア語オタクガールや、抜群のコミュ力を武器に様々な輪を作る一方、 三人組のアーティスト集団の1人として新聞にも取り上げられている浮気症のチャラ男など、一言では表せない癖のある人々がたくさん。彼らのことについて書いてみたらなにか面白い記事になるし、新しい発見もありそうだと思うのです。

 

ただ、「他の人とは違う」という定義が難しいのは百も承知です。しかしながら、それを議論しはじめたらこの企画終わっちゃうので、完全に僕の主観で「この人かっこいい!! 面白い!!」っていう人をとりあげていきたいと思います。

 

 

と、いうわけで早速企画はじめます!!

 

 

記念すべき1人目!!

 

 

それは!!

 

 


僕です!!

 

こんだけ企画のハードルをあげといてめっちゃおこがましいな!とお思いでしょうが!!

 

勝手に書いているとはいえ、やっぱり見てくれる人もいると思うので、自己紹介も兼ねて。プロフィールだと思って、よろしければご一読ください。

 

No. 001 Taiga Ogura

1997年、横浜生まれ。19歳。
一家の長男として生まれる。
東京で育った後、8歳でアメリカワシントン州シアトルへ移住。(父の転勤により)
いきなり現地の小学校にぶち込まれ、yesとnoとokの三種類の相槌のみを用いて会話する生活がはじまる。そんな生活を続けていたら、気づいたときには英語が喋れるようになっている。友達も増え、地域のリトルリーグに参加、週4でお泊まりパーティをするまでになる。お泊まりが大好きになる。

 

f:id:taigacoo:20161127172225j:image

 

 

11歳の夏に帰国。帰国から一ヶ月後には、母からの強い勧めにより歌舞伎をはじめる。一回も見たことないのに。


小学生の僕、ハマる。
どハマりする。人前に立つってこんなにも楽しいんだ!!と思いはじめる。
この年から今日までずっと歌舞伎をやっている。

 

f:id:taigacoo:20161127172236j:image

 

中学校を経て、深川高校外国語コースに入学。
女性の恐ろしさを知ったのがこの辺りの年だった。。。
中学三年の冬。「小倉が深川高校に行くなら、私も深川高校受ける!」とまで言ってくれた、当時付き合ってた同級生の女の子がいた。
奇跡的に二人とも合格。僕はテンションマックスで、屋上でいちゃいちゃしたり、購買でアイス奢ってあげたり、放課後、「...今日、家に親いないんだけど...くる...??」とか言われちゃう、高校生らしい刺激的で甘酸っぱい青春ライフを夢見ていた。
ところが、入学して二週間で、「もう好きじゃない」と言われる。夢、砕ける。桜が散るより早い時期だったからこれ当時本当にビックリした。(今は良き友達です。)

 

深川高校外国語コースの素晴らしい仲間たちに出会う。遊びや恋愛はもちろん、バンドやったり、今でこそ大勢集まってる渋谷でのハロウィン仮装大会の先駆者(?)となったり、欧州大使館高校生プレゼン大会みたいなやつで優勝したり、誕生日動画とりまくったり、本当に最高の友たちと青春を謳歌しまくる。歌舞伎活動も並行して行う。

f:id:taigacoo:20161127173053j:image


2015年、明治大学国際日本学部入学。第一志望だったにも関わらず、入学して早々、この世にこんなにつまんないものがあるということを知る。そしてこんなにつまんない自分という人間がいることを知る。しかしその中にも面白い友達とか面白い教授とか面白い授業とかもあったりして、なんとなくで「大学つまんねえ」って言ってた自分の視野の狭さを恥じる。なるべくちゃんと学校行くようにしてる。でもつまんないものはつまんないしなーとも思う。

入学してからは趣味で旅したりバンドしたり動画撮ったりして、アルバイトは深夜時給2500円というガールズバーみたいに高給なドイツビール屋さんと、都内のゲストハウスでやっている。

 

歌舞伎活動としては、今まで舞台や劇場でやってたものからなんとなく離れ、「雅屋」という歌舞伎パフォーマンス団体で、英語でセリフを言ったり、学生の前でプレゼンをさせてもらったりしてる。それと並行し、浅草で日本舞踊のお稽古にも通っている。

 

f:id:taigacoo:20161127173937j:image

 

最近の悩みは、将来の展望がなくて困っていること。

将来なにしたらいいかわからんのです。考えれば考えるほどなにも出てこない。なにがしたいのかわからない。周りみんな何がしたいか分かってて、「そんな周りはどうでもいい!」、とか多少強がりつつもやっぱりどこか焦る。

「将来どうするの?」って最近聞かれることが多いけど、出てくる答えがその聞いてくる大人のために用意してあるかのような答えで、本当に自分がやりたいことってなんか違うんじゃないかなって思って、この用意した答えがそのうち本当に自分がしたいことにすり替わっちゃったりして、結局振り返ってみれば「自分の人生なんだったの?」ってそうなってしまうのがとても怖くて。まあ要するに自分が何がしたいのか全く分かってないんです。


これがいままでの私という人間です。

自分が発展途上すぎてまとめ方が分かりません。
これから僕はどんな大人になるのでしょう、、、、、!

以上

 

読んでくださってありがとうございます。

 

なんか最後ちょっと自分語り強めになってしまった笑笑

 

この企画の趣旨に自分が合ってると思った理由はやっぱり歌舞伎が一番大きい。「歌舞伎やってる」っていうと100パーセント聞き返されるし、周りにやってる人もいないし、なんかすげえことなのかなって感じる。だけど最近自分の中身のなさを薄々自覚しはじめ、色々なことに不安を感じているのです。


兎にも角にも、乱文ではありますが、こんな感じでいろんな方を紹介できたらなーと思っています!!本当に面白い人で溢れてるから!

次回は冒頭に紹介したよさこいガールについて書きたいと思ってます。

 

ちなみにこの企画以外にも僕が普段思う疑問など、ジャンジャン投稿していきたいと思ってますので!!

 

読んでくださってありがとうございます。
また読んでくだしゃい。


外が寒いからと厚着のコートを着るけど、電車の中が暑くて結局汗をかく、そんな

2016年11月27日。